出会い系サイトで出会う人妻の多くが縛られたがる理由

縛ったり調教したりするセックスを繰り返しているような男性のPCMAX体験談です。その中で、出会い系サイトで出会う人妻の多くが何故ここまで縛られたがるのか、という点を分析しているあたり、凄く勉強になりましたね。

【PCMAX体験談・49歳男性(徳島県)】
今までPCMAXを使って色んな女性を縛ったり調教したりしてきました。そんなプレイを続けていると女性の深層心理みたいなものがよく理解できるようになるんです。

私はプレイを始める前、女に挨拶をさせることにしているんです。床に頭をつけて、「よろしくお願いします。調教して下さい。」と言わせるのです。それは今日の支配者が誰なのかということを体と心に刷り込ませるためなんですよね。そしてやっぱり人妻が相手だとプレイが凄く濃密になるんですよね。ある人妻の場合。部屋に入ってから、頭を床につけたままの姿勢で、時間だけが刻まれていき、プレイは進行していない。ここで妥協すると甘えが残ってしまって、以後の躾けに悪い影響が残るわけです。お互いに満足できる結果を残せないので、それはお互いのためにならないのですね。

もし、このまま今日が終わろうと、私には失うものはなく、なにも怖くないのです。そういうゆったりした余裕を持った気持ちで臨むことが大切なわけです。そうこうしているうちに彼女は、はっきりと決意を込めた口調で、俺へ性奴隷宣言をすることができたのです。「頭をあげろ!」彼女は、ほっとした表情を見せて頭をあげた。「ちゃんと言えたね。これは誰のためでなく、○○の為なんだからね。」この過程があって、初めて縛りプレイに入っていくわけです。彼女もそうなんですが最近は人妻を縛ることが本当に多いんです。

何故ここまで多くの人妻が縛られたがるのか、それはよく分かりません。ただセックスレス状態が長く続き、性的に満たされない時期が長く続くと、自分の性的欲求がいったいどんなものなのか敏感に察知できるようになるので、それまでは無意識であった本当にしてもらいたいプレイというのを自ら認識できるようになるのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ