同じ性癖のセフレと最高に気持ちいいセックス

43歳人妻が書くPCMAX体験談です。セックスの最中の心理描写なども赤裸々に書かれていて、女性心理というものもよく分かりますね。

【PCMAX体験談・43歳人妻(和歌山県)】
わたしはソフトMです。現在、PCMAXで4ヶ月くらい前に知り合ってから定期的にお会いしている男性がいます。その方と昨日にホテルに行きました。ホテルの部屋に入ると、赤いベッドに、手錠がありました。それも手の手錠と脚の手錠の両方があったんです。もうそれを見ただけでかなり興奮してしまいました。ドキドキしてきて、アソコが疼くのを抑えられませんでした。

まだ何もしていないのにアソコは濡れていて、さらにはクリも立っています。私はあまりクリは大きくならないタイプだとよく言われるんですが、この時ばかりは大きくなっているような気がしました。相手の方も、それを見てすでに興奮しているような感じでした。やっぱり性癖が同じ相手というのはセックスパートナーとして最高ですよね。そして一緒にベッドに横になり、彼がゆっくり私の胸を揉みながら感じる乳首を舐めたり吸ったりしてくれました。今日はこれだけでももう最高に感じまくりです。それから目隠しをして、まずは手を手錠されて、そして足の手錠されました。両手と両足を拘束されたのは初めてだったんですが、何だか凄く興奮してしまいました。拘束されると何でこんなにも興奮してしまうんでしょうか。もうアソコはびしょびしょでした。

そのまま彼のモノをいれて欲しくてたまりませんでした。彼もいつもより興奮しているのは明らかで、楽しみながら、手錠をした鎖に、さらにロープを追加してきました。これで私の自由は完全に奪われてしまいました。彼が私の体を弄り、そしてクンニしてくれました。舌で私のアソコを舐めたり吸ったりしてくれた後、次に電マを彼が取りだしました。「あっ、あっ、駄目。本当にもうダメー」と私は叫びながら、何回もイってしまいました。こんなに叫んでしまったのは人生で初めてだと思います。そして何度もイッた後に、彼のモノが私の中に入ってきました。彼のモノもいつもより大きくて、そしていつもより何倍も気持ちよく感じました。手と脚は、拘束されたまま。

私は気持ち良すぎてよだれを垂らしまくりです。よだれを垂らすなんてことも初めてでした。でもこういうプレイが出来るっていうのも、信頼関係があるからですよね。最初は体だけの繋がりから始まった出会いですが、今では心も彼に完全に奪われてしまっています。旦那は優しい人ではあるし、別に仲が悪いということではないんですが、でもこんな事は絶対にしてくれないですからね。以前は感じていた旦那への罪悪感が最近はどんどん薄れてきているのを感じています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ