舐めて欲しいと懇願する強烈にエロい人妻とのセックス

強烈にエロい人妻に出会い、セックスをしたという内容のPCMAX体験談です。出会い系サイトを使ってると、エロい人妻に出会うことって本当に多いようですね。自ら「舐めて欲しい」と誘ってくる人妻ってやっぱり凄いですよね。

【PCMAX体験談・42歳男性(東京都)】
この前の週末の夜の出来事です。ここの掲示板を見た人妻から「舐めて欲しい」という、どストレートな内容のメールがあったんです。そこでLINEIDを交換してLINEで連絡を取り合い、0時過ぎという深夜に会うことになりました。相手は人妻ですよ。人妻でも最近は平気で深夜に家を出ることってできるんですね。

待ち合わせてすぐにホテルに行き、そして部屋入るとすぐに、貪るようにキスしてきました。もうこの瞬間から強烈なエロさが伝わってきました。そして愛撫、それからご要望のクンニをたっぷりと時間をかけてしました。そしていよいよ挿入。彼女は正常位でも自分で腰を動かしていました。かなり激しい一回戦が終わった後、こちらは休憩しようと思っていたのに、ほとんど休憩する時間もなく、キスしながら指マンをおねだりされました。

「あっ!気持ちいい!あ~もっと!もっと激しく動かして!」などと言いながら、自分の気持ちいい所を探り当てるかのように腰を動かしている姿がマジでエロかったですよ。こんなにも快楽に貪欲な女性は間違いなく初めてです。色々と細かいご要望があるので(笑)、とにかく一生懸命頑張りましたよ。

そして指マンでイクと、またすぐに休憩することもなく濃厚なフェラが始まって、まださっき果てたばかりのチンコをビンビンにされて、自分から上に乗っかってきました。彼女は騎乗位が一番好きな体位らしいです。あまりにも激しい腰の振りにイキそうになってしまったので、一旦抜いてからゴムを付け、正常位、バックと体位を変えながら突きまくりました。体位を変えるごとに何度も何度も貪欲にイキまくっていましたよ。とにかく今まで経験がないくらいの激しいセックスだったので、終わった後に疲れ果てて知らない間に眠ってしまったみたいなんです。

パッと目が覚めると、もう彼女の気配はなく時間はもう朝の7時でした。慌ててスマホをチェックすると、彼女からLINEが入っていました。「熟睡していたので先に帰りますね。今日は本当に気持ち良かった。ありがとうね。」というメッセージが4時過ぎに入っていました。置いてきぼりというのは何か寂しかったですが、でも本当に凄い体験でした。人妻の性欲の凄さを身をもって知ったという感じですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ